スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

画像編

太鼓さん次郎をやり始めたら「本家風にしたい!」と思いますよね?
その方法を説明します。


①本家の画像を手に入れる
本家風にする画像はいろいろなところで配布されています。ググってみてくださいね。
見つけたらDL、または画像をコピーしてください。


②画像を入れ替える
もともと次郎に入っていた画像とDLした画像を入れ替えてください。
そのとき、入れた画像の拡張子がpngかbmpかどうかを確かめてください。


(拡張子とはファイル名の後に出ているものです。)
(出ていない場合はツール(出ていなければキーボード上のAltを押す)→フォルダオプション→表示→登録してある拡張子は表示しない のチェックを外してください。)






これで一通りの作業はおしまいです。
これでも画像が出ないという場合は次の点を確かめてください。



拡張子はpngかbmpですか?

名前は正しいですか?

1Pと2Pの画像の大きさが同じでなければいけないものもあります。それをexp.txtで確かめましたか?

その画像はそのバージョンで使えることができますか?




また、画像が変な風にでるのなら、imgget.ini
画像の位置を変えたいならdispconf.iniの数字を変えてください。
スポンサーサイト

太鼓さん次郎講座

太鼓さん次郎の講座をやっています。(少なくともやっているつもり)
これから講座は増やしていくつもりです。

質問はそのページのコメントで受け付けています。


ダウンロード編

音源ゲット編

譜面作成準備編

譜面作成編

画像編

譜面作成編

音符は
#STARTと#ENDの間に打ち込んでください。

0:休み
1:ドン
2:カッ
3:ドン(大)
4:カッ(大)
5:連打
6:連打(大)
7:風船音符
8:連打(5、6、7)終了


です。



一小節ごとに「,」で区切らなければいけません。




また、「一小節の中にある数字の数」で密度が決まります。

11,
次郎



1111,
次郎2


11111111,
次郎3


111111111111,12分です
次郎4


1111111111111111,16部です
次郎5


111111111111111111111111,24分です
次郎6


1110112010600008,混ざっています。
次郎7


100000100000100000100100100100101010101010101010,
24分が混ざっていたら16分と24分の最小公倍数を使います。
次郎8



#START~#ENDの好きなところに命令を配置できます。

#BPMCHANGE ??
BPMを??で指定したBPMに変更します。小数も可。


#GOGOSTART
ゴーゴータイム開始です。


#GOGOEND
ゴーゴータイム終了です。開始したら必ず終わらせてください。


#MEASURE ?/?
拍子を?/?拍子に変更します。「4/4」で4分の4拍子、「6/8」で8分の6拍子。
省略されている場合は4/4になります。


#SCROLL ??
譜面のスクロール速度を??倍にします。デフォルトは1.00。
実際に叩く間隔は変わらず、見た目だけ変わります。俗に言う「ソフラン」


#DELAY ??
以後の音符が流れてくるタイミングを??秒だけ遅らせます。0.001秒より細かい指定は無視されます。
BPMが変わらないけれども曲の継ぎ目の関係で微妙にズレが生じる場合に使用してください。



#BMSCROLL
#STARTより前に記述してください。
この命令がある場合、強制的に譜面のスクロールが太鼓さん太郎と同じような方式になります。




譜面分岐関係は省略しています。

音源ゲット編

音源はCDなどであれば問題ありませんが、
普通はありませんよね?

そういう時はYouTubeやニコニコ動画から音源をとりましょう。

音源をとるソフトはさまざまですが、
僕はCravingExplorerというソフトを使っています。
↓からダウンロードできます。
ダウンロード

このソフトは音源だけでなく、
動画もダウンロードできます。

また、PSPやiPod用、DSiようにも変換できます。



太鼓さん次郎は音声の形式が

mp3
ogg
wav

に対応しています。


mp3を使うには
lame.exe
が必要です。

lame.exeはダウンロードしたら解凍して、
sndフォルダに入れましょう。

読み込み速度、容量から考えて、
ogg形式を推奨します

しかし、CravingExplorerではoggに変換できないので、
各自で好きなフリーソフトをダウンロードしてください。

僕はBonkEnc Audio Encoderというソフトで変換しています。







音源をゲットしたらそれを譜面ファイルがある同じディレクトリにいれましょう。
講座


譜面作成準備編

まず、
右クリック→新規作成→テキストドキュメント
を選んでください。
次郎講座1


このとき、「曲名.txt」となっているでしょうか?

出ていなければ、そのウィンドウの上にある、
ツール(出ていなければキーボード上のAltを押す)→フォルダオプション→表示→登録してある拡張子は表示しない
のチェックを外してください。


次に、
作ったテキストドキュメント内に次を打ち込んでください。

TITLE: //選曲画面、もしくは演奏中に出るこの譜面のタイトルです。//

LEVEL: //この譜面の難易度です。太鼓の達人と合わせるのなら1~10に。//

BPM: //譜面が流れる速さです。曲と同じにしてください。拍子がA/4だったら1分間に1拍がどれだけあるかを表しています。//

WAVE: //音源のファイル名を入れてください。拡張子もです。//

OFFSET: //曲の始めに出てくる音符までの時間です。数字を増やしたり「-」をつけたりして合わせてください。//

SCOREINIT: //点数の初項です(省略可)//

SCOREDIFF: //点数の公差を入力(省略可)//

SONGVOL: //曲の音量を百分率で入力(省略可)//

SEVOL: //音色の音量を百分率で入力(省略可)//

BALLOON: //風船音符の連打数を入力。複数配置するときはカンマで数字を区切ってください。//

COURSE: //得点の基準となるコースを入力。0は簡単、3は鬼。//

STYLE: //プレイ人数を入力(省略可)//

#START


#END


これで譜面作成の準備は整いました。

ダウンロード編

↓をクリックして動画の説明文にあるURLにいってください。
Download
パスワードは【jiro】です。

このソフトはどんどんバージョンがかわります。
なのでたまに確認することをおすすめします。

ダウンロードしたらどこかに保存して、
Zipファイルから展開してください。

プロフィール

えっきー

Author:えっきー
PS4でゲームやってます。
気分で更新していきます。

カテゴリ

Twitter

ekki21をフォローしましょう

リンク

グーバーウォーク

blogram投票ボタン

アクセスカウンター

使いやすい検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。